☆由奈のムリくり女性化日記☆MTFの闘争
女性化するために頑張る人柱さんの日記です( ^^) _旦~~
小学生の話
小学生のころの話をいくつか














小さい時の私と言えば




青い服とか男の子が着る服を着ていても
女の子??と間違われ




性に対する差別とか識別も出来てない時期だから


間違われる

それ自体は全然気にならなくて



健全にカッコいい物も可愛いものも好きな少年でした





体力はなくて

遊びになると夢中になって



勉強は得意だったけど


運動は出来ないし



でも本を読むことはそれほど好きではなくて





いつも学校ではうつ伏せで休み時間も寝ているような



そんなわたしの皆からの印象










儚い・純粋・やさしい




















なにそのヒロイン属性



















でもわたしは自分なりにコンプレックスがあって


存在感がないような評価を受けているような気もして















球技大会の時
苦手だったドッチボールの練習を

学校から帰ってきて母と夕方までしていました











つかむのも投げるのも下手くそだったので。。。






お母さんっ子だったし

球技大会でくらい

お母さんにいいとこ見せよう!
とか思ってたんですよ




毎日練習してだいぶうまくなって













保育園の時は逆上がりの練習を




豆がつぶれるまで続けて




(じゃないと友達に仲間外れにされるから)













出来た時は本当にうれしかった









お母さんは
「あんたはやれば出来るんだから


人より辛い目にあっても頑張りなさい














お母さんがちゃんと見てるし、認めてくれる人も絶対いるから」












辛くて泣きたくなることがあっても








お母さんがそう言ってわたしを励ましてくれて





嫌なことがあって落ち込んでいても
わたしを前向きにさせるために






一緒に遊んでくれたり、

どこかに連れて行ってくれたり









本当に一生懸命だった









結局球技大会では外野に行かず最後まで残ることが出来た程度で

目立った活躍はできなかったんですけど。。。















わたしには父親はいないけど

















いてほしいと思ったことはないと思う












お母さんが父親の分も愛情を注いでくれたから
















だから今
たとえば



女の子になる過程で















泣きそうになったり、
我慢できずに涙流して泣いたりしても












お母さんがわたしに

「あんたは女の子一年生だから」って

言ってくれる













容姿は良くなったと思うし

髪を切ってもパス出来るのはうれしい








それ以外のところで
たまに不安になる




地元をいつか離れて




生活をしっかり出来るかなとか



ホルモン剤のこととか
また1から処方してもらえる場所探さなきゃだし


その時


どこまで女の子として生きる力が身について



「名前変わってるのかな・・・」
とか




戸籍も変えてフルタイム女性として働ける環境にあるのかなあ
とか



























戸籍なんか変えなくても正直
容姿とか在り方・在りよう





それが大事
そうは思う

わかってる











でも先のことはやっぱり気になる



































心が自分のまま

皆から見える表面の部分を変えてく














ニューハーフ


女装子さん

FTMさん



みんな生き方に
納得できるかだと思う














全てに
納得する、全てを受け入れられる人生を送るには















嫌な部分をずっと見てなきゃいけないと思う
























前に進んでるぞ自分







そう意識しながら






泣きそうになっても頑張ろう















お母さんもいるし



猫もいるし(笑)









性に悩む人はいじめやら受けたり

不登校になったりの経験が多いから













わたしは
不登校だったけど



いじめはなくて








友達は減らなかったし
お見舞いにもみんなよく来てくれたから



友人関係にも恵まれている
















中々に幸せなはずだ


















とてつもないハンデがあるわけじゃない






























あ、眠い・・・


ちょっと寝よ
スポンサーサイト
[
家族 ]
| 2014/08/25 09:34| TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
たまには我が日常を
こんちゃ


手術痛とれなくて

歩くたびに
あうっあうっ
言ってる
オットセイ由奈です




あう





いつも女性化のことばっかりなので
気を抜いて日常のことでも綴りますね






現在母と猫達と暮らしているわたし





母はどんな人か
そんなことも書いてなかった気がする



ちょっと精神的にゆとりが出来たせいかな
書いてみよう








母は小さい頃からわたしが好きな物に合わせてそれを一緒に
楽しんでくれる人でした



ゲームとかスポーツとか




学校では


母親に依存したやつ




そんな風に思われても仕方なかったと思うけど

不思議と誰もからかわなかったので

母と言うより姉のような感覚で
毎日一緒に遊んでお腹かかえて笑ってました




だからわたしには父親がいなくても不自由も精神的苦痛もなく

逆にいない方が楽しいと思ってました。





母が支えてくれてたおかげなわけです












料理はとても上手で美味しくない物なんかありませんでしたね

こう書くとすごく優しいおっとりお母さんに思われるかもだけど
実際は怒ると怖い。。。



というかよく怒ります










ふんがーーーーーっ!!!!!!

ってレベルで



FFのバレットみたいに










学校の給食は母の料理が美味しかったので

「ぼくいらない 給食まずいもん」

そんな学校のお昼ご飯には白米だけ時間かけてムシャつく子になっちゃいましたけど








わたしが言うのもアレですが



かなり美人です。









かわいいという感じじゃなくビューティ路線の方の美人







でも男運はなかったようね




残念ながら
(結局離婚したもの)










他には












画才がない








ラクガキ王国で母親に一筆持たせたとき(ペンジェルという名前だったはず)
明らかに全身ピンクなモンスターなのに
(′ω`)ノ「レッドドラゴン」










という名前を付けていました











当時よく絵を描いていたわたしには驚愕でした








頭のパーツが体にくっついてないので






首だけ宙に浮いてるし












羽のパーツで飛びはするものの
太ペンで書いてるので





ピンクの座布団にしか見えなかったり










そんなワンダーモンスターを創造した母神ですが








全ピンク一色の赤系なので


完全攻撃型ドラゴン






になってたわけですが







わたしは絵を習ってたりしてデザイン重視で しかも強いのを作るのが目標だったので





「豚に羽生えた風なデザインのくせに・・・」






とステータスの高さに嫉妬




6匹くらいしか連れて歩けないので


















消してやったわよ




そんな小学生の思い出
[
家族 ]
| 2014/06/04 08:57| TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
最愛の家族
おはようございます!

今日は我が家族を紹介するよ!



ダコタ


ダコタ・ファニングに似ていたので

名前は


ダコタ


そのまんまですね笑



ドブに落ちているところを拾ってですね、、、

悪性の目ヤニがまわっていたので
病院に行って治して親元に返すつもりだったのですが



お風呂場で洗って目ヤニをふいてからこたつの中で暖めてあげていたら

ぐるぐるー
と喉を鳴らして私から離れなくなってしまって・・・



既にわたしの家には先住猫が何匹もいたので
飼うつもりはなかったのですよ(@_@;)


親猫のところへ連れて行って
この子にどちらを選ぶか決めてもらおう



と思い


親猫と私の間にその子を置いて10分程ダコタの判断を待っていると
ダコタは私の元へ来てくれたので


「こりゃ飼うしかないか(>_<;)」

と覚悟決めました(笑)
ダコタ2

一度私はその場を離れて
親猫とダコタだけ数分間二人きりにしてたんですが、、、



お母さん猫はダコタを持って帰る気配もなく・・・




その様子が離婚した自分の父とダブってしまって


<(`^´)>親のくせに責任持てコラーっ!!



って感じで今に至ります笑


今では目ヤニで開かなかった眼もパッチリですし


何処に行くにも一緒に連れて歩いてます!(^^)!


私にはいつまでも大切な家族です
[ 家族 ]
| 2014/02/03 09:28| TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |


プロフィール

由奈

Author:由奈
趣味;料理・散歩・読書
ゲーム好き

自己紹介
女性ホルモン治療を行っているMTF(GID)です
家族にはカミングアウト済ですが友達には言えてないチキンです。


一人称は普段使い分けてるけどここでは【私】で統一


猫をたくさん飼ってる
書くのは女性化のことや体験談、ねこ日記をつけたり母の介護のことだったりです!

アブノーマルだっていいじゃないか、人間だもの
~byアタシ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム



FC2カウンター



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示